跳到主要內容區塊
選單

高雄市政府新聞局

熱門搜尋:
電子期刊

facebook粉絲團

2021年国慶節花火が高雄に再登場

2021年国慶節花火が高雄に再登場

◎文/Kyu

◎翻訳/有田夏子

◎撮影/黄敬文

 

 

 20年の時を経て、2021年の国慶節の花火イベントが再び高雄の港町で開催される。時の流れの精錬を経て、華やかに変身した亜洲新湾区が、花火の下で絢爛豪華な輝きを放つ。現在港エリアでは、全国規模の祭典や大型展示会が次々と企画されている。港町高雄の斬新で美しい姿が台湾だけに止まらず、全世界の人々の目に留まることになるだろう。

 20年ぶりに高雄で開催される2021年の国慶節の花火イベントを、高雄市民は長い間待ち望んでいた。2000年当時、国慶節の花火が高雄で打ち上げられたことをきっかけに、駁二芸術特区が新たな観光スポットして注目されるようになった。今年花火が港町へ再来する場所として、近年発展目覚ましい亜洲新湾区が選ばれたのも、この街の観光に新たな力を注ぐためだ。

撮影/黄敬文 高雄市は近年、港湾と連携しながら積極的に投資誘致を進めてきた。そのおかげで、企業の進出が実現し、人々の注目を浴びる港湾都市へと発展した。亜洲新湾区はスマートテクノロジー、経済貿易、商業オフィス、会議及び展示、芸術文化とショッピングなどの機能が統合された、台湾随一の多機能経済貿易園区として生まれ変わった。大港橋、高雄展覧館、流行音楽センターなどの真新しい建物が港湾の空に新たな輪郭を描き出し、駁二芸術特区と「桟弐庫」の活気が、文化創造のソフトパワーを生み出している。さらには、高雄市立図書館総館と流行音楽センターという高雄の芸術文化を代表する新たなランドマークも誕生した。国慶節の花火イベントは、産業転換を遂げた高雄港を照らし出し、亜洲新湾区に素晴らしい瞬間をもたらすだろう。

 2021年、国慶節の花火イベントは高雄港で打ち上げられるので、鑑賞スポットには港エリアの周囲全域が含まれる。ライトレールやMRTに乗れば、港エリアを快適に移動しながら、美しい花火をさまざまな角度から鑑賞することができる。今年開通したライトレールの大南環区間は、市街地と港湾エリアを連結しており、現代美術を展示する金馬賓館当代美術館から出発し、旗津と西子湾の懐かしい漁村の風景を経て、駁弐芸術特区を通り抜け、夢時代と台鋁ショッピングセンターに到着する。ライトレールを活用すれば、さまざまな観光スポットを楽しく周遊することができる。

 高雄の旅行・宿泊業者は、この全国規模の祭典に大きな期待を寄せており、花火打ち上げ期間に向けて、さまざまな優待キャンペーンを用意している。国慶節の花火イベントは、高雄の国内旅行を元気づけるとともに、生まれ変わり発展し続ける港町の魅力を台湾全国に知らしめることにもつながる。高雄市政府観光局によれば、今年第2四半期以降、国慶節花火イベントに向けたウォーミングアップをするように、高雄国民美食フェスティバルや旗津黒砂アートフェスティバルなど、旅行をテーマとした各種の素晴らしいイベントが次々と開催される予定だ。熱い夏の季節も温かい冬の季節も、高雄は絢爛豪華な花火のような情熱で、台湾全国からの旅行客を歓迎している。

 

閱讀中文版:

2021國慶煙火 重返高雄榮耀登場

https://takao.kcg.gov.tw/article/602