跳到主要內容區塊
選單

歡迎光臨高雄市新聞局

熱門搜尋:
電子期刊

facebook粉絲團

左営蓮潭「郭家百年古厝」 歴史を物語るレンガと瓦

左営蓮潭「郭家百年古厝」 歴史を物語るレンガと瓦

◎文/侯雅婷

◎翻訳/有田夏子

◎撮影/侯雅婷

 

 

 高雄市左営区蓮池潭の街中にある「郭家百年古厝」は、1909年に建てられた112年の歴史を持つ閩南式の古民家であり、高雄市の「人文歴史風景区」として指定された17軒の特色民宿の1つでもある。

 「郭家百年古厝」は伝統的な閩南式の三合院造りの建物で、中央に位置する「正庁」と呼ばれる客間を中心として、その左右に年長者の部屋が配置されている。その外側には「護龍」と呼ばれる部屋が続いており、ここは一般的に年少者の部屋として使用されていた。このように、昔の建築の間取りには、伝統的な倫理観が反映されている。また建物の中央には「埕(テイ)」と呼ばれる中庭がある。

 「郭家百年古厝」の経営者で、郭家の四代目である郭進吉さんはこの古民家で生まれ育った。幼いころには20人余りがここで生活し、進吉さんもよく親戚の子供たちと一緒にこの中庭で遊んだそうだ。学生時代には電車通学をしていたために、蒸気機関車が駅に到着する音が家に聞こえると、駅までよく急いで走っていったのだという。およそ9年前、郭進吉さんは幼いころの楽しい思い出が詰まったこの古民家が荒廃していくのを見かねて、本格的に修復を始めることにした。

 「郭家百年古厝」には、ここに生きた人々の文化と記憶が刻まれている。門に掲げられた「梅魁」という屋号は、かつて中国泉州からやってきた郭家や近所の同郷者が一緒に話し合って決めたものだという。進吉さんによれば、郭家は日本統治時代に「保正」という秩序維持や環境衛生の検査などを担う公職を務めたことがある。当時「保正」を務める家には観音開きの木の扉を設置することになっていたが、「正庁」の右端にはその扉が残されており、この古民家に暮らしていた人々の物語を今に伝えてくれている。「正庁」のレンガ造りの壁には、幸せを運ぶおめでたいコウモリの図柄が描かれている。また、「正庁」の壁には四角形の小さな穴が開いているが、これは「猫洞」と呼ばれるもので、ネズミを捕まえる猫が出入りするために開けられたのだというから、なんとも微笑ましい。

 進吉さんは、「お客さんはここを訪れると、赤いレンガと赤瓦の古民家を写真に収めようと、しきりにカメラを向けていらっしゃいます」と嬉しそうに語る。宿泊客は夜になると長椅子を中庭に運び出して、一緒にお茶を飲み語り合い、星空を眺めながら、この赤レンガと赤瓦に囲まれた空間を存分に堪能する。進吉さんはこれからも建物の保存を続け、この古民家の生活や文化を新しい世代の人たちに体験してもらいたいと考えている。

     左営蓮潭「郭家百年古厝」
    高雄市左営区店仔頂街110巷27号