跳到主要內容區塊
選單

歡迎光臨高雄市新聞局

熱門搜尋: 高雄來酷吧
電子期刊

facebook粉絲團

空と海が同じ色になるとき―「彩虹教堂」

 

空と海が同じ色になるとき―「彩虹教堂」

◎文/崔憶雲

◎撮影/曾信耀

◎翻訳/新垣李加子

 

 彩虹教堂(ツァイホンジャオタン)(虹の教会)は、旗津(チージン)で最も熱いスポットだ。虹色の配色と幾何学的な形が特徴的な二つのオブジェからなっている。刻々と変化する自然光によって立体的な空間が作り出され、SNS投稿用の写真はもちろん、ウェディングフォトの撮影場所としても人気だ。晴れの日は遠くまで見渡せるセルリアンブルーの空に、曇りの日には美しく夕焼けに染まる雲が魅力で、その景色はまるで新郎新婦たちを祝福しているかのようだ。

 虹は幸福を意味し、新婚夫婦に運気をもたらす。また、彩虹教堂は海辺に位置しているので、幻想的な海や空の色彩とともにカメラに収めることができる。そして、二つのオブジェの足元に浅く張られた池の水がカメラの角度によっては背景の海と一体となり、まるでオブジェが海の上に浮いているように見える。ここで撮るウェディングフォトは、きっと特別な一枚になるはずだ。

(左)水の上に浮かぶ二つのオブジェが彩虹教堂。(右)シンプルな三角形のデザイン。

 一方、隣の三角形のオブジェはシンプルな幾何学的形状でモダンな雰囲気になっている。周囲は池の水が造り出す無限のシルエットに囲まれ、早朝の海はコバルトブルーで、黄昏時は金色の光線というふうに、一枚ごとに違う光の映り具合が楽しめる。水面に写り込んだ空はまさに大自然が作り出した芸術作品だ。恋人たちはこの大きな海の前で、永遠の愛を誓い合う。

     住所哈高雄市旗津區旗津三路990號
    行き方:高雄駅前→248番バス→鼓山フェリーターミナルでフェリーに乗る→旗津→35番バスで彩虹教堂へ
MRT 橘(オレンジ)線 西子灣駅→248番バス→鼓山フェリーターミナルでフェリーに乗る→旗津→35番バスで彩虹教堂へ